“様々なマーケティングの分析法~クラスター分析、ロジスティック回帰分析 “

Posted in 未分類 by admin with No Comments

マーケティングの分析に役立つフレームワークはたくさんありますが、今回はその中でも3つの分析法をご紹介していきます。
○グレイモデル
グレイモデルとは過去のデータをもとにして、それに続く数値をグレイ法で予測していくやり方です。
・明白なデータ…白
・曖昧なデータ…グレイ
・不明なもの…黒色
白色データと黒色データをもとにして、灰色を予測するデータの分析法がグレイモデルです。
○主成分分析
主成分分析とは多くの項目を持つデータに対して、ごく少数の項目に置き換えることでデータ全体の見通しをよくしていくものです。
データ変数が少ない場合はあまり必要ないデータ分析手法になってしまいますが、変数が100や200になると活用しやすくなる方法です。
しかし変数を縮約する事によって、一部の情報を捨てているというデメリットも出てしまうので注意が必要です。
○線形回帰分析
複数のデータをクロス集計することで得られるグラフは、主に曲線で表現されます。
線形回帰分析ではこのようなグラフに、論理的に考え出された直線を引くというデータ分析法となります。
各データの相関関係がわかりやすくなる分析法です。デジタルチャネルの分析

検索エンジン最適化のメリットって何?

Posted in 未分類 by admin with No Comments

最近よく聞く検索エンジン最適化ですが、当然ですがメリットがいくつかあります。
○検索エンジン最適化のメリットは上位に表示されること
検索エンジンのメリットと言えば、やはり代表的なのは上位表示される事です。
ユーザーは上位表示されているサイトに好感を抱きます。
ユーザーは検索結果に上位表示されているサイトは、検索エンジンから評価されているという事です。
また、ユーザーは上位表示されているサイトであれば、その業界や分野で定評があると
考えるので、ブランディング効果が生まれてユーザーに安心感を与える事もできます。
○素人なら尚更上位表示のサイトからチェックしていく
その業界に詳しくない素人ほど、とりあえず上位のものから~というように、上位に表示されて目立っているサイトを信用します。
どんなホームページを見ても、書いているコンテンツは似通っていたとしても上位に来ているサイトをつい利用したくなってしまうが人間の心理です。SEOチェックについてより詳しい情報はSEOをご覧ください。

オウンドメディアマーケティングの基本の考え方

Posted in 未分類 by admin with No Comments

オウンドメディアマーケティングをうまくやっていくには、このサイトには役立つ情報が多いという信頼感をユーザーに与えていく事が大切です。
○ページのクオリティを挙げること
ページ自体の質を高くし、自分のSNSでそのページの紹介も行っていき、その後も定期的にそのサイトを訪れて追加されているコンテンツを確認していくといいでしょう。
これがオウンドメディアマーケティングの基本となります。
○長期的なファンを獲得すること
そのサイトを訪れたユーザーがオウンドメディアのコンテンツを有益と判断し、その経験が複数に渡る事によって、そのサイトへの信頼感が増していきます。この結果、そのサイトへの利益につながっていくのです。そして長期的なファンを獲得する事ができます。
オウンドメディアマーケティングにおいてはたくさんの人にサイトにアクセスしてもらう事が最終目標なのではなく、リピーターを確保していく事が大切です。

リピーターを獲得する事が利益につながるような行動となり、長期的に利用してもらう事ができるのです。
href=""http://www.listeningmind.com/%E3%82%AA%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%A1%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0/"">オウンドメディアマーケティングツール”

マーケティング分析で得られる効果とは

Posted in 未分類 by admin with No Comments

最近では、企業は新しいマーケティングチャネルやテクノロジーをいくつも採用してきました。しかしそれらが別々に導入された結果、連携の取れていない複数のデータ環境が混在するようになりました。
このため、多くのマーケティング担当者がマーケティング全体を網羅することなく、webサイトの指標といったそれぞれのチャネルのデータに基づいて意志決定を行っています。
ソーシャルメディアのデータだけでは十分ではありません。webアクセス解析のデータだけでも不十分です。特定の時点の状況だけを表示するようなデータも論外となります。
マーケティング分析においては、チャネル横断で全てのマーケティング活動を考慮し、一元管理しています。
確信をもって意志決定を行い、マーケティングプログラムを効果的で効率的に実行するためには、このようなデータの一元管理も不可欠です。
○マーケティング分析の効果とは
マーケティング分析を利用すると、様々な事が見えてきます。今、マーケティング全体のパフォーマンスや一つ一つのマーケティングキャンペーンの成果がどのようになっているのか、長期的にはどうなのか、パフォーマンス改善のために何ができるのかといった事が分析できます。
さらには、次に実施すべき施策は何か、マーケティング資源は適切に配分されているかなど、適切なチャネルに時間とお金をかけているのかどうか、次年度の投資の優先順位はどのようにするべきかなどが見えてくるでしょう。これをマーケティングの戦略に生かしていけるでしょう。

3C分析とは?

Posted in 未分類 by admin with No Comments

みなさん、こんにちは。今回はマーケティング分析手法である「3C分析」について話していきたいと思います。
3C分析とは、「Customer(市場や顧客)」、「Competitor(競合)」、「Company(自社)」の3つの言葉の頭文字を取ったもので、それぞれの業界環境を分析していきます。では、さらに具体的に見ていきましょう。
まず、市場や顧客という環境では、市場規模や顧客の消費行動、そして、それぞれのニーズ変化や成長性などを分析していきます。
次に、競合という環境では、競合各社のシェアや特徴、競合が市場や顧客に対し、どのように対応しているかなどを分析していきます。
最後に、自社という環境では、理念やビジョン、事業や製品の現状、経営資源にはどのようなものがあるか、自社が市場や顧客のニーズ変化に対応しながら、何をすると成功に導けるかなどを分析していきます。
3C分析は企業の戦略策定をはじめ、事業戦略、商品戦略など、さまざまなシーンに応じて分析することができる手法です。
マーケティングの分析って?

マーケティングツールを使う前に知っておいてほしいCookieについて

Posted in 未分類 by admin with No Comments

最近はマーケティングツールを駆使する企業も増えてきましたね。
マーケティングツールには「マーケティングオートメーション」などのデジタルツールもありますが、その他にもマーケターが覚えておきたい業務があります。
些細なことですが知っておくのと知らないのとでは違ってきます。今回は、Cookie(クッキー)についてお伝えします。マーケターなら知っておくといいでしょう。
○Cookieって何?
Cookieとは、ユーザーがwebsiteを閲覧した時に、ブラウザの中に一時的に記憶される
データの事です。
閲覧した日時やページの情報が記録できます。
Cookieはマーケティングオートメーションだけでなく、Google Analyticsなどのログ解析や、オンライン広告など、多様なマーケティングツールに応用されています。
○デバイスやブラウザごとに管理できる機能
Cookieはデバイスやブラウザごとに管理され、ユーザーを区別するためにも使われています。
「同一人物」として認識するには、それぞれのデバイスごとのCookieと結びつける作業が必要です。
同じPCを使用していても、ブラウザごとに管理しなければいけない点に注意しておきましょう。
Internet ExplorerでページAを閲覧した情報は、FirefoxやChromeなど他のブラウザのクッキーに記録されません。マーケティングツールについてより詳しい情報はこちらを参照ください。

サイト制作に必要なSEO対策とは

Posted in 未分類 by admin with No Comments

SEO対策していくには、まずは評価されるサイトを制作しなければなりません。実際にサイトを作る時、SEOをしっかり考えておく事は重要です。
○サイト制作の流れ
サイトの構成を考える流れとしては、まず「サイトマップ」を作り、サイトの構造を把握する事が大前提です。そして次に「キーワード」の選定です。キーワードの設定が適切にできていなければSEO対策にはなりません。
○サイトマップを作ってからキーワード設定
サイトマップができあがったら、そのサイトマップに対してターゲットキーワードを配置させ、「キーワードマップ」を作ります。しかし競争があまりにも激しいと、いわゆる「ビッグキーワード」と呼ばれるキーワードでSEO対策しようとしてもうまくいきません。
そこで何が必要になるかというと、さらに細かいカテゴリーを作り、SEO対策を行っていく事です。
キーワードを設定する時の注意点としては、キーワードの検索ボリュームがどれくらいあるか調べておく事です。
○内部対策も必要
サイトが構築できたら、内部対策も必要です。検索エンジンにとっては、サイト全体のリンク構造も評価の対象にされます。
サイト内でリンクを貼っていく時に大事なのは、上下の階層だけでなく、同じ階層のページへ行き来できるようリンクを設定しておく事です。
SEO初心者がやるべきリストです

おすすめのマーケティングツールとは

Posted in 未分類 by admin with No Comments

最近では、webマーケティングでマーケティングツールが欠かせなくなってきています。それでは、「マーケティングツール」には何があるかについてご紹介していきましょう。
○おすすめのマーケティングツール
・SEO向けのマーケティングツール
SEO向けのマーケティングツールもあります。それはキーワードリサーチ、検索順位の調査、被リンク監視、内部分析、コンテンツ対策などのシーンで、ツールが活用できます。
・Googleウェブマスターツール
Googleウェブマスターツールは、グーグルの検索結果でのサイトのパフォーマンスを監視・管理できるグーグルの無料サービスです。自社サイトをwebマスターツールに登録する事により、自分のサイトがグーグルにどのように認識され、検索結果のページに表示されているか監視し、最適化していきます。
・weblio類語辞典シソーラス
weblio類語辞典シソーラスとは、およそ4000000語の類語や同義語、関連語とシソーラス、対義語を収録しているwebサービスです。文章が単調になってしまう時、言いかえるのに同義語や同義語がすぐに出てこない時に活用できるサービスです。
・キーワードウォッチャー
キーワードウォッチャーは、「クロスリスティング」が提携しているキーワード検索数調査ツールです。大手ポータルサイトの検索データをもとに、キーワードの検索数や複合ワードが、いつ・どれだけ検索されたのかわかるでしょう。無料版では一か月20回まで検索ができて、有料版はライトプランであれば月額2000円で500回までご利用できます。
ゴールドプランが月額20000円~10000円で検索可能になるでしょう。無料競合分析ツール/もおすすめです。

SEO対策する上で大事なポイント~内部対策

Posted in 未分類 by admin with No Comments

SEO対策は、大きく2つに分けられます。それは外部対策と内部対策の2つです。
○外部対策と内部対策の違い
・外部対策
外部対策とは自社サイト以外で行うSEOで、被リンク数を増やすやめの施策です。
・内部対策
その名の通り、内部対策は自社サイト内で行うSEO対策です。内部対策の例としては、次のような方法が挙げられます。
・サイトマップを作る
・タグを最適化する
このような施策が内部対策に含まれています。内部対策とは、グーグルにコンテンツ内容を正しく伝えるために必要です。そもそも検索順位は、
・順位決定(インデックスされた情報をもとに、アルゴリズムによって順位を決定する)
・クローラー(webサイト情報を集めるプログラム)の巡回
・ページのインデックス(サイト情報がグーグルのデータベースに登録される
この3つのステップで成り立っています。
○良質なコンテンツだと認識させる事
SEO対策では、とにかくクオリティの高いコンテンツをいかに作るかというのが大事です。
グーグルは良質でキーワードと密接に関連しているコンテンツを、できる限り上位に表示したいと考えているので、いくらあなたのコンテンツが良質であってもそのページをクローラーが巡回し、それが正しく認識され、グーグルのアルゴリズムによって「良質」だと判断されなければ全く意味がありません。そのため、良質なコンテンツを良質だとクローラーに認識させる必要があるのです。
SEOチェックで具体的な数値を図ります。

オウンドメディアの定義やメリット、注意点

Posted in 未分類 by admin with No Comments

皆さんこんにちは。今日は最近よく耳にする「オウンドメディア」についてのお話です。
オウンドメディアと聞いても今一つピンとこない人に、今日はオウンドメディアについてわかりやすくご説明していきます。
○オウンドメディアは企業の自社媒体
オウンドメディアは、企業が自社で持っている媒体の事を指しています。厳密にはweb上だけでなく紙の媒体も言っていますが、一般的にいうオウンドメディアとは、企業の広告などでなくその商品に特化した情報や、その情報を求めるユーザーに対して役立つものです。
○オウンドメディアで期待できるメリットとは
企業側にとってオウンドメディアとは、見込み客とコミュニケーションをとる場所でもあります。企業はオウンドメディアを立ち上げる事によって見込み客からの信頼感を高める事ができるので、結果的にブランディングへとつながり、ゆくゆくは顧客化が期待できるのです。
○粗悪な情報は顧客を逃がしてしまいます
来訪頻度の高いユーザーはよりコアな情報を求め、すでに専門知識を持ったユーザーである可能性も高いです。そこで間違った情報や質の悪い情報を流してしまうと、せっかくアクセスしてくれたユーザーも見切りをつけてしまうので、どんな情報をアップするかは命取りになってしまいます。オウンドメディアって一体なんなんだろう