マーケティング分析で得られる効果とは

Posted in 未分類 by admin

最近では、企業は新しいマーケティングチャネルやテクノロジーをいくつも採用してきました。しかしそれらが別々に導入された結果、連携の取れていない複数のデータ環境が混在するようになりました。
このため、多くのマーケティング担当者がマーケティング全体を網羅することなく、webサイトの指標といったそれぞれのチャネルのデータに基づいて意志決定を行っています。
ソーシャルメディアのデータだけでは十分ではありません。webアクセス解析のデータだけでも不十分です。特定の時点の状況だけを表示するようなデータも論外となります。
マーケティング分析においては、チャネル横断で全てのマーケティング活動を考慮し、一元管理しています。
確信をもって意志決定を行い、マーケティングプログラムを効果的で効率的に実行するためには、このようなデータの一元管理も不可欠です。
○マーケティング分析の効果とは
マーケティング分析を利用すると、様々な事が見えてきます。今、マーケティング全体のパフォーマンスや一つ一つのマーケティングキャンペーンの成果がどのようになっているのか、長期的にはどうなのか、パフォーマンス改善のために何ができるのかといった事が分析できます。
さらには、次に実施すべき施策は何か、マーケティング資源は適切に配分されているかなど、適切なチャネルに時間とお金をかけているのかどうか、次年度の投資の優先順位はどのようにするべきかなどが見えてくるでしょう。これをマーケティングの戦略に生かしていけるでしょう。

Leave a Reply

(必須)

(必須)