マーケティングツールののニーズは今どこに?

Posted in 未分類 by admin with No Comments

みなさまこんにちは。マーケティングツールのニーズはどこにあるのでしょうか。一つわかりきっていることは、インハウスでマーケティングを行いたいからということです。そう考えると、インハウスで行うのにもどんな機能が必要かは異なります。例えば、単純にサイトの分析を行いたいのか、検索順位を上位化するアドバイスや、セグメントメールを設定別に振り分けて送れるようにしたいのか。複雑にニーズは存在すると思います。私の思うニーズは大量のデータを集め分析しなくてはいけないマーケッターなので、彼らに対して、分析するための情報をマーケティングツールが収取して分析者に伝えることがニーズとしてあると考えます。実際のアクションを起こすにしてもどんなデータからとっていいかという時にデータから集め始めるのは時間の無駄です。業界によっても規模によってもニーズは違うでしょうが、インターネトを使ってのマーケティングにはツールを使うのは必須と言えますね。
デジタルマーケティング分析で必要な要素を解説!

SEOの背景とは

Posted in 未分類 by admin with No Comments

SEO1990年代半ば、初期のSEOがweb登録した時に始まったものです。
検索エンジンが登場した事をきっかけに、自社サイトへのアクセス数が増えていったため、多くのwebページ所有者が、すぐに検索エンジンの価値を評価するようになりました。
サイトを所有している人のほとんどが、検索エンジンの方式に則って、自分のサイトのURLを検索エンジンのデータベースへ送りこみ、webを探索するクローラ(というソフトウェア)にwebページを目指していくために、自分のサイトを変更し始めました。
そして間もなく「検索エンジン最適化」を行う会社も立ちあげられ、SEOの内部論理アルゴリズムの分析や探究が促進されてきたのです。SEOの目的や定義に関しては、検索ページにおいて高順位を獲得する手法という定義からも、サイトコンテンツに対して興味あるユーザーのアクセスを効果的に集約できるでしょう。
SEOには様々なものが存在していて、後者の立場をとる場合にはサイトのコーティング面だけではなく、検索ページをよりアピールできるようなコピーライティングや、webページに向けられた外部リンクの設置も求められてきます。現代のSEOを始める方へ

オウンドメディアのメリットとは

Posted in 未分類 by admin with No Comments

オウンドメディアは、自社メディアによる商品から解放されたマーケティングの事をいっています。ここで重要なのが「商品から解放」という事です。
コストや露出期間の両面において、掛け捨てる事はできないのです。掛け捨てできない資産価値は、低コストでしかも長期間に渡って継続できますが、これがオウンドメディアの大きなメリットとなります。
○ユーザーと長期的な関係が築ける
オウンドメディアにアクセスしたユーザーは、「見込み客」です。将来本当にその必要があるのかどうかは、多種多様な情報に接する事によって変わっていきます。オウンドメディアを使ってマーケティングしていけば、これまで営業マンや販売員が行っていたマーケティング活動が、ネット上で取り組む集客法なのです。オウンドメディアは単に情報を提供するだけでなく、少し役立つような情報や、「なるほど」と感じるような情報を発信していけるものです。
○オウンドメディアは掛け捨てではない
もしも広告を使っていけば、通常であれば莫大なコストがかかる事になります。そしてそのコストは掛け捨てになるのです。また、ソーシャルメディアに目を向けていればそこにはコストはかからないものの、配信情報はタイムラインで流れていき、一時的なものになります。コストだけでなく、露出期間という事で「掛け捨て」と言えます。これに対し、自社メディアであればその費用は基本的に無料であり、掲載情報はストックされ、流れる事はありません。
費用と露出期間の両面において、掛け捨てにならないというのはやはり魅力です。参考になるオウンドメディアの事例です。

マーケティングツールで改善できる課題

Posted in 未分類 by admin with No Comments

広告業界の専門用語の中には、「マーケティングツール」という用語があります。
企業が自社のプロモーションやサービスを宣伝する手段として、SNSはもはや定番になりつつあります。ツイッターやフェースブックのページだけでなく、最近ではインスタグラムも商品やサービスを宣伝する際のツールの一つです。
○SNS継続にも問題がある?
SNSは確かに宣伝には適していますが、これらのソーシャルサイトを継続的に更新していくとなると、次のような課題が出てきてしまいます。
・更新が面倒になってくる
・ネタが尽きてくる
・フォロワーが全く増えなくてつまらない
・売上や部ランディングに貢献できていない
・社内で肩身が狭くなる
このような悩みを抱えている担当者の方はきっと多いでしょう。
そんな時に役立つのが「マーケティングツール」です。
○マーケティングツールを使って効率よく運営
ソーシャルメディアというのはすぐに結果が出るものではなく、コツコツと利用者との関係を構築していく事で初めて成果が得られてくるものです。地道にやるという事は、継続的に目的をもって運用していくものです。
幸いにも最近では多くのソーシャルメディアなどの分析ツールが登場してきていて、投稿に対するリアクションや、目標への近道なども把握しやすくなっています。マーケティングツールを使うとより効率的になるでしょう。マーケティングツールについてより詳しい情報はこちらのマーケティングツールを参照ください。

これがマーケティングのもとなの

Posted in 未分類 by admin with No Comments

皆様こんにちは。
こないだ主しおい話を聞きました。それは、ハイヒールが誕生した背景です。皆様はご存知ですか?ハイヒールは欧米で作られました。昔の欧米では、便をした後は窓からそれを捨ててたそうです。。。そういうわけでそれを踏んづけてしまう人ももちろんいました。女の人だったら絶対イヤですよね?そんなときに作られたのがハイヒールです。地面を踏む面積が少ないので便を踏む可能性が普通より低いわけです。私はこれを知って、マーケティングってこういうものだなと思いました。それは、人が必要なものを作る。これだけです。最初は必要だから作っただけで、なにもハイヒールはファッションとして作られたのではなかったのです。
その当時に、必要なものだったから作っただけです。これぞマーケティングだと思います。僕としては、ハイヒールは非常に好きなので当時のマーケターに感謝しかないですね!
listeningmind.com/
本記事はマーケティングを参照しました。”

検索エンジン最適化でペナルティ扱いにされないための注意点

Posted in 未分類 by admin with No Comments

検索エンジン最適化していくにあたっては、グーグルが目指している理念に沿うような対策をしていかなければなりません。一度ペナルティ判定を受けてしまうと、数か月~一年以上も長期にわたって検索順位が上がらないなんてケースも出てきてしまうでしょう。


こうなってしまってはせっかくサイトを作ってもメリットがなくなってしまうので、グーグルのペナルティ判定を受けないように気をつけます。それにはどんなことに留意したらいいのかご説明していきましょう。


無関係なリンクを過剰に貼り過ぎないこと
検索エンジンはこのサイトが外側からどのように評価されているのかを認識しています。
そのため、関連性のない被リンクが過剰にあるとペナルティ対象にされてしまうので要注意です。


隠しテキストの使用は避ける
ユーザーの目には触れないところで対策キーワードを過剰に入れるようにしてしまうと
スパムとみなされてしまうので、「検索エンジン最適化」としてはおすすめできません。

SEO対策はこちらを参考に

オウンドメディアマーケティングでまず知っておきたいペルソナの事

Posted in 未分類 by admin with No Comments

“minna”

これからオウンドメディアマーケティングをしよう!といっても、いったいどんな流れでやっていけばいいのか具体的にイメージしづらい人も多いでしょう。今日はそんな人たちのために、オウンドメディアマーケティングをしていく上で、まずしておくべき事をご紹介していきます。


ペルソナ(ターゲットユーザー)を設定する
そのオウンドメディア(自社サイト)は誰に向けて作るサイトなのか?というのを意識してサイトをたちあげましょう。例えば自社が歯医者であり、顧客を集めたいのであれば、
現在歯のトラブルを抱えている人たちのために作成します。


「この歯医者さんなら信頼できそう!」
「歯の悩みが解決してもらえそう!」


と前向きに思ってもらえるようなサイトをたちあげるのです。歯に何か問題を抱えた人たちをペルソナすなわちターゲットであるユーザーとして設定し、その人たちがどんな情報を求めているか考慮しながらサイトコンテンツを作っていきます。これがオウンドメディアマーケティングとなるのです。常にペルソナを意識しながら細かい部分を決定していきます。


ブログ名、ドメイン名を決定する


一度決定すると変更するのも厄介になるので、改名しなくて済むように熟考して決めるようにしましょう。


デザインやテイストを決定する


メディア全体を印象づける方向性を決めます。自分の好き嫌いで単純に決めてしまう事のないようにしましょう。これもペルソナ目線が必要です。

オウンドメディアマーケティングの対策を参考にしました。

SEO対策は何のために行うの?メリットは?

Posted in 未分類 by admin with No Comments

“owd”

最近ネット業界でよく聞く「SEO対策」ですが、これによってどんな利得が得られるのか も気になるでしょう。SEOはwebページを検索上位に表示させる事が目的だと考える人も多いですが、上位に表示させる事は、SEO対策においてWeb集客のための一つの導入部分に過ぎません。 最終的にはWebサイトの最終目標であるコンバージョン達成につながる事で初めて、SEO対策が成功したと言えるのです。

SEO対策で求められている事とは 検索結果から流れ込んだ利用者がどのような目的を持ち、サイト閲覧しているか冷静に分析していき、ユーザーニーズを満たすようなコンテンツ作成をする事が求められてきます。また、目的のページへ移行しやすい構成や案内配置など、緻密にサイト設計する必要があります。

SEOのメリットは費用が抑えられるところ SEOは広告とは違うので宣伝費は格段に抑えられます。無料で行う事もできるので、検索結果のランキングで上位1位に表示されると、長期安定的に集客が低コストで見込めるでしょう。検索行動からの集客によるため成果に結びつきやすく、コンバージョン率の高いユーザーの流入も得られます。上位に表示される事によって、高いブランディング効果も得られるでしょう。

SEOチェックについてより詳しい情報はSEOをご覧ください。

インスタグラムの効果的な活用方法

Posted in 未分類 by admin with No Comments

インスタグラムを見ると広告が表示される回数が以前よりも増しているように感じます。 そこでどんな企業がインスタグラムを活用しているのか、またその活用方法をまとめていきます。

1.視覚的な効果に訴える

インスタグラムの投稿は基本的に写真です。そのため、視覚的な訴えが消費者の購買意欲に火をつけるものがインスタグラムでは効果的です。例えば、飲食やトレーニング用品、ファッションなど視覚的に優位性を持った商品がインスタグラムで効果を発揮します。

2. 明確なターゲットがある

インスタグラムを利用するユーザーは20~30代の若者が中心です。そのため、そういった年齢層へのアプローチを自然と書けることが可能です。そのようなセグメントができたら、それに合わせたメッセージを作るということもわかるので明確な目標を持ってマーケティング戦略を行えます。

以上2点になります。私の考えだと、インスタグラムはセグメントとタイミング、メッセージの設定が比較的に容易な部類となっていると思います。

http://www.listeningmind.com/デジタルチャネルの分析/

リファラ流入って大事なの?

Posted in 未分類 by admin with No Comments

“tool”
みなさまこんにちは。今回はリファラについて話します。まずはリファラとは何か。リファラとは、自分のサイトへの流入の参照元サイトのページのことです。ドメインではないのでご注意を。
リファラ流入は対策が難しい流入元の一つです。しかし、リファラ流入は流入数の増加だけでなく、SEOとしても重要なのでできるだけ意識して確認すべきです。まずは、なぜリファラが大事かまとめていきます。
1. 流入が増える
これは当然ですね。他のサイトからリンクが貼られているので、自分のサイトへと流入する人は増えます。
これだけでも十分価値があります。
2. 検索上位になりやすくなる
検索エンジンが順位を決める要素の一つとして、リファラ数があります。リファラが多ければ多いほど上位の検索順位になりやすいのです。
大体以上2点がリファラ流入のメリットです。非常に大きなメリットですが、リファラ流入にはデメリットがあります。
それは対策が難しい、ということです。なぜならリファラは外部サイトからのリンクなので自分の力で増やすのには限界があります。
僕が思いつくところでは、naverまとめに自分のサイトへのリンクを貼るために記事作成やその他のまとめサイトで記事作成するなど、手間とコストがかかります。しかし、非常に価値のあることなのでできるだけ対策をとりましょう。本記事はSEOを参照しました。